自分の疲れに気付いていますか?

新しい生活様式に慣れてきたとはいえ、今なおウィルス感染に対する恐怖や不安は続いています。
これまでに経験したことのない状況の中で、人と会えないストレスを感じたり、外出する時に無意識に体が緊張していることがあります。
しかし、自分の疲れに気が付かないまま生活している人が意外と多いのです。

「最近、笑っていないな・・・」
「家から出ない日が続いている」

などのお悩みはありませんか?
誰とも話をしていないと、自分の元気がないことに気が付かないこともあります。

272904246_984509858836414_8788335029077249734_n
自分がどのくらい疲れているのかチェックしてみてください。
  • 動くのがおっくう

  • 食欲がない or 増している

  • 最近人と話をしたり笑ったりしていない

  • なんとなく気持ちが沈む

  • やる気がでない

  • 寝つきが悪い・眠りが浅い

いかがでしたか?
いくつか当てはまる方におすすめの対策があります。
それは、有酸素運動である散歩です。

IMG_5531

散歩にはストレスを発散する効果があります。
一定のリズムで歩くと脳内のセロトニンという神経伝達物質の分泌を促す効果が期待できます。
セロトニンは幸せホルモンと呼ばれ、精神の安定や安心感をもたらしてくれる物質で、不足するとストレス過多になりやすいと言われています。

歩くというリズム運動でセロトニンを活性化することで、イライラ感や不安感が減り、リラックス効果が高くなります。

人間はもともと体を活発に動かすように設計されています。
動いているのが自然な生き方なんですね。

今までなら会社や学校に行くだけでも、往復1時間以上は歩いていたのに、テレワークやオンライン授業がスタートして、家から一歩も出ないという人も増えたのではないでしょうか?

軽めの散歩で体を動かすと心も体もリフレッシュできます。
できれば朝日を浴びながらの散歩がおすすめです。
なぜかと言うと、朝日を浴びることで体内時計がリセットされるからなのです。
リセットされた時間から15~16時間後に、脳の松果体という部分からメラトニンというホルモンが分泌されて眠気が出ます。
午前8時にリセットすると23~24時ごろに眠くなります。
体内時計の働きが乱れるので、夜はスマホやパソコンなどのライトをできるだけ見ないようにしてください。
午後歩きたいという方は、朝カーテンを開けて朝日を浴びるだけでも体内時計は、リセットされるので大丈夫です。

273678207_247218827604764_3817496029545263108_n

散歩なら、気軽に始められる簡単なリラックス方法です。
のんびり歩いてもいいですし、少しペースを速くして大股で歩いてもいいです。
無理して毎日30分歩こう~などと決めずに、近くの公園まで歩いたり、図書館やスーパーまで行って帰ってくるだけでもいいと思います。
その方が長く続けることができます。

景色をゆっくり眺めたり、季節の草花をじっくり観察するのもおすすめです。
自然の中でゆっくり深呼吸をしてみましょう。

272728084_641342520526197_8599741404267710600_n

葉っぱの香りを嗅いでみたり、直接手で樹に触れてみるのも良いでしょう。
散歩中に子供や犬を連れた人に、声をかけてみたりするのはいかがでしょう?
気持ちよく挨拶することで、自分も自然に笑顔になります。
人と会話をしたり、体を動かすことは私たちが生きる上でとても大切なことです。
自由に行動ができない日々がまだ続きそうですが、ストレスがたまる前になにかご自分ができそうなリラックス方法を探してみてください。

心理セラピスト 神田よしこ

 

関連記事

  1. 相手に自分の気持ちを上手に伝えよう

  2. 悩んでいる女性

    春のエネルギー

  3. 嫌いな人、苦手な人がいるときのヒント

  4. 「頑張ってるのに認めてもらえない」

  5. ストレスと上手に付き合うための対処方法

  6. ストレスケアのための「セルフタッチング」~リラクゼーションを…

PAGE TOP